少しでも住まいの寿命を長くするために

住まいの寿命は手入れの仕方で大きく変わってきます。
どうせ傷むのだからと手入れをおろそかにすれば、思っているよりも早く住むのが不便と感じるぐらい傷むでしょう。
しっかりと手入れをしていれば、築数十年経過しても上等な家のままでいれます。
住まいを少しでも長持ちさせるためには、いくつかポイントを押さえておきたいです。
こまめに掃除することは言うまでもありません。
できる限り、耐久性の高い素材を使うようにするもの大事です。
柱や梁、土台は耐久性が高く、シロアリに強い材料を使いましょう。
断熱性能も高めるようにしたいです。
きちんと断熱材を使用すれば、結露の発生が防げます。
それは木材の腐食を予防することにつながるわけです。
省エネルギーにもなるので一石二鳥以上の価値があると言えるでしょう。
また、手入れしやすいつくりにすることも重要になります。
配管はコンクリートに埋め込まない、給排水管は交換しやすいようにするなどの工夫が必要です。